モーターの回転数を変えることのできる扇風機を作りました。
 10Bの鉛筆を濃く塗って可変抵抗を作りました。可変抵抗を通った電流をトランジスタで増幅してモーターを回します。モーター軸にはチャックがついていて、いろいろな円盤を取り付けて回すことができます。
 電気は目に見えないので、こどもたちが電気を理解するのは、むずかしいことです。水に電気が通るか実験したり、みんなの体に電気を通したりして、電気を身近に感じてもらう授業をしました。
 将来、みんなの中から、電気製品を作ったり、通信分野で働くエンジニアが出てくると思います。その最初の一歩になればと思います。


「人間には電気が通るか」の実験。

ドライバーで木ネジをまわしています。

10Bの鉛筆を塗って可変抵抗を作っています。

完成した扇風機